大卒ニートでも受かる!自己PRの書き方、作り方を解説

「自分はニートだから、自己PRなんて書けっこない…」

といった事で悩まれている大卒ニートの方は多いと思います。

自己PRの書き方、作り方のコツは何かないのでしょうか。
実際に大卒ニートという立場から正社員に就職した経験を活かして、この質問に答えてみました。

自己PRはこれまでの人生の自慢大会なのか?


大卒ニートの自分には自己PRのネタなんて思い付かないよ・・・

このような事を考えておられる方も少なくないと思います。


まず、ここで考えて欲しいのは、
自己PR=これまでの実績や成果を出す場ではない
といった事です。


自己PRというのは、あなたの長所を示す場であって、
今までの人生の自慢大会ではない、という事をまず知って下さい。

大切なのは自分の強みを知って、
それを相手に伝える事なのです。


ましてや、嘘の経歴を言うのはNGです。
仮にその会社に入社したとして、
嘘がバレたら居づらくなりますからね・・・


自分の強みを知るためには、
まずは自己分析をする必要がありますね。

※参照:大卒ニートでも出来る!自己分析のやり方を3つ解説


このページでは、大卒ニートの方でも出来る自己分析というテーマで、
自分の強みを探す3つの方法について解説しています。

興味があれば一度、ご覧になってみて下さいね。

「自己PRのネタは作るもの」という発想を持つ


また、現在(あるいはここ最近)取り組んでいる事
1つの自己PR材料になるので、どんどん使ってみましょう。


もしもあなたが、引きこもり生活を送っている場合、
1日だけ働けばOKの単発バイトを何回かやってみて、
そこで得た経験を自己PRの材料にするのもオススメです。

※参照:引きこもり大卒ニートの単発バイト体験談とその注意点


大卒ニートの方にとって、ニートを脱出している努力をしている、
その第一歩として自分の力でお金を稼ぐという経験をしている事が
1つのアピールポイントにもなるからです。

実際に働いてみる中で、
自分の強みや適正、あるいは苦手な事が見つかる場合もあります。



上の記事でも書きましたが、
僕はかつて倉庫で製品の箱詰め作業のバイトをした事があるのですが、
その時に振られた仕事が、商品のシリアル番号の記録係だったんですね。

自分でそれがやりたいと言ったのではなく、
なぜか自然とその役割を努める事になったのですが、
これを別の角度から言い換えると、僕には数字を扱ったり、
物事を記録しておくといった事が得意だとも考えられます。


それに、こうした1日でもバイトをして働いてみると、
自分の働きたい気持ちを相手にアピール出来るというメリットもあります。


これ以外には、体を動かす習慣を身に付けるのもいいですね。


ニート生活を送っていると自宅に引きこもりがちになって、
外出する習慣が自然と無くなってしまいがちです。

そうすると体を動かす事もなくなるので、
自然と運動不足になりがちですよね。


逆に、毎日運動する習慣を身に付ける事によって、
生活習慣の改善や体力作り、気持ちの切り替えが出来て、
結果的に大卒ニート脱出に繋がっていく事になります。


脱ニートを目指して、●週間前から毎日体を動かしている
などと面接でアピールすれば、体力や継続力のアピールにもなります。


「自己PRの内容がどうしても浮かばない!」という場合は、
今からでもアピールするネタを作ってみるといった選択肢も
一度考えてみるのもいいかもしれませんね。

就活支援講座での体験をアピールすると一石二鳥になる理由


これ以外には、大卒ニートでも利用できる就職サイトが運営している、
数日間〜数週間に渡って行われる就活支援講座を活用して、
そこでの経験をアピールするといった方法も考えられます。

こうした就活支援講座では、自己PRの書き方、作り方は勿論のこと、
自己分析の方法や志望動機を作るコツ、あるいはビジネスマナー等を
基本中の基本から教えてくれるといった特徴があります。



僕自身も、こうした就活支援講座に参加して、
就職するためのノウハウを身に付けた事が、
今の職場からの内定獲得に繋がったのでは?と思ってますね。

こうした講座に参加すると、
大卒ニートでも応募できる企業を紹介してくれるので、
企業選びの時間を節約できるのも嬉しい所です。


一石二鳥とは、まさにこの事ですね。


僕も講座を運営する就職サイトに企業を紹介してもらって、
サイト利用開始から2ヶ月も経たないうちに、
正社員としての就職に成功したという感じです。

最近では、大卒ニートでも利用できる就職サイトも増加していて、
昔よりはニート脱出がやりやすい環境になっているのです。


以下で、僕が実際に利用した就職サイトをご紹介しているので、
興味があれば一度ご覧になってみて下さいね。

「26歳」「大卒ニート」だった僕が活用した就職サイト3選!

今の勤め先を紹介してもらった「いい就職ドットコム」


僕が今の職場を紹介してもらった、15年以上の運営歴を誇るサイトです。
日本各地でイベントが開催されており、地方の方でも利用しやすいのも嬉しいところ。

・詳細→いい就職ドットコム

首都圏での就職にめちゃくちゃ強い「ハタラクティブ」


サービス開始から6万人の就職支援を手掛け、その8割が正社員になったサイト。
都内(東京、神奈川、千葉、埼玉)および名古屋、福岡に
お住まいの方は絶対使って欲しい!

・詳細→ハタラクティブ

プログラマーとして就職したいなら「ProEngineer」


IT業界やプログラマー、エンジニア就職に興味がある方におススメのサイト。
未経験でもプログラマーとしての就職率は96%以上と、実績はかなりのもの。
履歴書の添削や模擬面接などの就活講座も実施しているのも魅力です。

・詳細⇒ProEngineer(エンジニアカレッジ)