引きこもり大卒ニートの単発バイト体験談とその注意点

こんにちは。繁田丈太郎です。

僕は大学在学中の新卒での就活で思うような結果が出ず、
その後3年間の引きこもりニート生活を続けていました。

しかし、このままではいけない!社会復帰しないと!
という気持ちになって大卒ニート状態から就職活動を始め、
今では正社員として充実した社会人生活を送る事ができています。

今回は、引きこもり大卒ニート時代の僕が
「働く感覚」を身に付けるために実践した
単発バイトの体験談をご紹介したいと思います。

引きこもり大卒ニートだった僕が単発バイトを始めた理由


こちらのプロフィールにも書いているのですが、

※参照:繁田丈太郎プロフィール

僕は大学卒業後、3年間の引きこもりニート生活を送っていました。


でもこのままじゃマズい、社会復帰しないと!と思って、
大卒ニートの状態から正社員として就職する方法を考えたのですが…

自分が企業で働いている姿」が、どうしても想像出来なかったんです。


今の状態で採用される事がどうしても考えられなかったですし、
仮に採用されたとしても、すぐ辞めてニート生活に逆戻りになるんじゃ…

といった事が頭をよぎったんですよね。


いきなり正社員になるのは、ハードルが高いんじゃないか。


それならどうすればいいんだろう?


こうした事を考えて、当時の僕がたどり着いた結論は、
とりあえず”働いてみる”」という事でした。


バイトでもいいから、一度仕事をしてみよう!
そうすればニート期間のリハビリになるんじゃないか…

こう思ったんですよね。


そして、自分に合ったバイトが無いかをネットで調べた結果、
「ショットワークス」という、1日だけ働けばいいタイプの
いわゆる「単発バイト」を紹介するサイトを見つけたのです。

※参照:1日から働ける激短バイト!ショットワークス


とりあえず、会員登録して仕事を探してみる事に。

「接客とか、人と接するやつは嫌だなー」
なんて事を考えてました(笑)


すると、倉庫で機械の箱詰め作業をするお仕事を見つけ、
「これなら自分でも出来るかも?!」と考えて、即応募。


黙々とやる作業だから、人と接する機会はあまり無いだろうし、
引きこもり大卒ニートの自分でもこの仕事なら出来ると思ったのです。

引きこもり大卒ニートの単発バイト体験談を解説!


すると、応募した1時間後からバイト先から電話がかかって来ました。

出勤可能なのかという内容だったので、
即OKだと言って、その翌日から働き始めることに。


今思えば、あっという間の出来事だったなと感じます^^;


行ったのは東京のお台場で、集合時間は7時50分。


朝早く起きる必要があったので出来るかどうか緊張しましたが、
何とか6時に起床できたのでホッとしました(笑)

社会人っていつもこんな感覚なのか・・・
という事を感じれたのも良かったですね。


仕事は9時前から始まり、仕事は言われた通り機械の箱詰めを
流れ作業的にこなしていく形でした。


自分は製品のシリアルナンバーを紙に書くを任されました。


「人から仕事を任されるって、こん感じなんだ・・・」
引きこもり大卒ニートの自分でも、
出来る仕事があるんだと知れて、ちょっと嬉しかったですね。


仕事自体は黙々と続けられて、怒られる事もありませんでした。


他に働いていた人も何人かいて、
年齢層は20代から60代以上までかなりバラバラ。

世の中には色々な人がいるんだなあと改めて実感しましたね・・・


引きこもり明けで体力的に辛い部分はありましたが、
その他は特に何事もなく、規定の18時に仕事は終了。

仕事をやり終えた達成感を味わいながら、
電車に乗って自宅へ帰宅。


バイト終わりに買ったペットボトルのお茶の味は最高でした!

大卒ニートが単発バイトをいつまでも続けてはいけない理由とは?


その後は、4回ほど同じ職場で単発バイトを続けていました。

僕が応募した仕事は人手不足な状態だったらしく、
希望さえすれば、働く事自体はいくらでも出来たみたいです。


しかし、4回も同じ仕事をやれば分かります。


いつまでもバイトをしている訳にはいかない事に。


僕が応募した仕事は力仕事である側面もあったので、
若い頃は出来たとしても、年を取ると果たして続けられるだろうか…

「いつまでも続ける仕事じゃないよね…」
バイトで知り合った同世代の子とよく話していました。


そのため、4回バイトを続けて「働く感覚」を身に付けた段階で、
単発バイトは辞め、就職活動に真剣に取り組む事を決意したのです。


以下の大卒ニートでも利用できる就職サイトに登録して、

※参照:大卒ニートが就職して社会復帰する3つの方法とは?

色々な苦労はあったものの、
何とか正社員として内定を獲得する事が出来ました。


引きこもり生活を抜け出して、
生活習慣を改善して、
決められた時間にきちんと出勤して、
任された仕事をきちんとこなし、
働く感覚を身に付けさえすれば、

正社員として就職する事は出来るんだな、、、と改めて実感します。


何だかとてもハードルが高い気もしますが、
僕のようにバイトを何回かきちんとこなせば、
正社員になるまでの壁」はクリア出来ます。


引きこもりの状態から正社員になりたければ、
まずはショットワークスのような単発バイトをしてみるのがオススメです。


大学卒業後3年間引きこもり生活を続けていたのですが、
バイトを通して生活習慣を改善して、出勤時刻を守り、
任された仕事を通して働く感覚を身に付ける事が出来ました


といった事を、偉いね、と評価して下さる企業の方もいましたね。

※参照:1日から働ける激短バイト!ショットワークス


逆に、「何だか面倒くさいなー」「今の自分には必要ないかな?」
と思うのであれば、
いきなり正社員を目指して就職しても大丈夫ですよ。

以下では、僕が今の勤め先を紹介してもらったサイトを紹介しているので、
一度ご覧になって、もし興味があれば使ってみて下さいね。

「26歳」「大卒ニート」だった僕が活用した就職サイト3選!

今の勤め先を紹介してもらった「いい就職ドットコム」


僕が今の職場を紹介してもらった、15年以上の運営歴を誇るサイトです。
日本各地でイベントが開催されており、地方の方でも利用しやすいのも嬉しいところ。

・詳細→いい就職ドットコム

首都圏での就職にめちゃくちゃ強い「ハタラクティブ」


サービス開始から6万人の就職支援を手掛け、その8割が正社員になったサイト。
都内(東京、神奈川、千葉、埼玉)および名古屋、福岡に
お住まいの方は絶対使って欲しい!

・詳細→ハタラクティブ

プログラマーとして就職したいなら「ProEngineer」


IT業界やプログラマー、エンジニア就職に興味がある方におススメのサイト。
未経験でもプログラマーとしての就職率は96%以上と、実績はかなりのもの。
履歴書の添削や模擬面接などの就活講座も実施しているのも魅力です。

・詳細⇒ProEngineer(エンジニアカレッジ)