新卒で就職できなかったら人生は終わりなのか?


新卒で就職できなかったら人生は終わりだ・・・

このような事で悩まれている方は、
今ではかなり増えているのではないでしょうか。

僕もそうでした。

大学卒業後から26歳で正社員になるまでの3年間、
僕は職歴なしの大卒ニートだったのです。

しかし、今では正社員として就職する事に成功して、
充実した社会人生活を送れるようになっています。


今回は、新卒で就職できなかったら人生は終わりなのか?
という疑問について、数々のデータを活用しながら、
これが嘘だという事について解説します。

新卒で就職できなかったら人生は終わり、ではない理由


まず、少なくとも1つ言える事は、
新卒で就職できなかったとしても人生が終わりではない事です。

僕自身も、3年間の大卒ニート生活を経験した後で、
26歳という年齢ではじめて正社員として就職していますし、
今の勤め先の同僚や周りの友人知人にも、
新卒で就職できなかったけど無事社会人になれたという人は結構います。


新卒で就職できなかったかったらまともな職業に就けないのでは…
といった事で悩まれる人も少なからずいるみたいですが、
最近では新卒で就職できなかった人向けに社会的意義のある事業を行っている、
キチンとした企業を紹介する就職サイトの数も増えてきたので安心して下さい。


僕もこうした就職サイトを利用しましたが、
メーカーやインフラ、ITや商社、広告や物流といった、
あなたが大学在学時に就職をしていれば、一度は聞いた事がある
業界に属している企業に就職する事も可能なのです。


また、ここ最近は企業の採用状況も好転しています。

仕事を探す側(求職者)と人を雇いたい側(企業)の関係を示した
「有効求人倍率」という指標も、2009年から右肩上がりで伸びています。

75744e532b5c59984f7553ff9efee017 ※参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000122520.html


ですので、“少ない椅子を巡って多くのライバルを蹴落とす”
といった事に遭遇する場面も減ってきているので、
今の状況を悲観する事は、決してないのです。

既卒者の内定率に隠された「活動量」というトリックとは?


なので、新卒で就職できなかったとしても大丈夫なのですが、
これは決して、「楽できる」という事ではありません。

新卒で就職できなかった人、いわゆる既卒者の内定率は、
2016年卒の場合、たったの43.2%なのです・・・

de84f9c1ccb4237731504e747457fb5d3-1024x222 ※参照:http://www.mynavi.jp/news/2015/12/post_10267.html

えっ、じゃあ残りの6割は・・・

心配になるのは無理はないと思います。


ただ、ここには1つ「活動量」というトリックがあるんですよね。


以下の画像のデータを見てみて下さい。

fireshot_capture_70_-__-_https___saponet_mynavi_jp_enq_gakusei_kisotsu_data_kisotsu_2015_pdf-e1462838660585 ※参照:https://saponet.mynavi.jp/enq_gakusei/kisotsu/data/kisotsu_2015.pdf


これは、既卒者の就職活動における活動量を示したグラフなのですが、
よく見てみると、全体の6割は在学中と同じくらい活動していないか、
あるいは活動量はむしろ減っている、という事が分かります。


頑張って活動しているのは、全体の4割だけなのです。


先程、既卒者の内定率は43.2%という事について触れました。

つまり、頑張って活動している全体の4割の就活生が、
そのまま内定を獲得している
、と考えられませんか・・・?


そうです。

既卒者の就職活動に対する意識って、
実はめちゃくちゃ低いんですよね^^;



こうしたデータを見たあなたは、どう思いますか?

ライバルの多くは不真面目だから、自分ならいける!

こう思ったのであれば、内定は間違いなく取れるはずです。

贅沢言ってられない企業側の事情に対応するために


それに、最近ではせっかく入社した会社を
短期間で辞める「第二新卒」という人も増えています。

企業としては、せっかく入社した新人が辞めてしまうのですから、
いわば踏んだり蹴ったり状態になるのですが、
その後で必ず、空いた分の人員を補充しなければいけないんですよ。

ですので、あなたはその空いた椅子を狙っていけばいいだけです。


また、企業としても若手社員を確保しなければいけない事情があるので、
既卒者や第二新卒者の採用にも意欲的にならざるを得ない事情があります。

「新卒で就職できなかった人は摂りたくないな・・・」
このように言ってる余裕は企業にはないんです。


そして、こうした企業の需要に答えるために、
既卒者や第二新卒者を対象にした就職サイトも増えてきています。

僕が26歳、未経験で職歴なしといった経歴から就職できたのも、
こうした新卒で就職できなかった人でも使えるサイトのお陰だと思っています。


以下では、僕が実際に活用した就職サイトをご紹介しているので、
もし興味があれば、試しに一度使ってみてはいかがでしょうか。

「26歳」「大卒ニート」だった僕が活用した就職サイト3選!

今の勤め先を紹介してもらった「いい就職ドットコム」


僕が今の職場を紹介してもらった、15年以上の運営歴を誇るサイトです。
日本各地でイベントが開催されており、地方の方でも利用しやすいのも嬉しいところ。

・詳細→いい就職ドットコム

首都圏での就職にめちゃくちゃ強い「ハタラクティブ」


サービス開始から6万人の就職支援を手掛け、その8割が正社員になったサイト。
都内(東京、神奈川、千葉、埼玉)および名古屋、福岡に
お住まいの方は絶対使って欲しい!

・詳細→ハタラクティブ

プログラマーとして就職したいなら「ProEngineer」


IT業界やプログラマー、エンジニア就職に興味がある方におススメのサイト。
未経験でもプログラマーとしての就職率は96%以上と、実績はかなりのもの。
履歴書の添削や模擬面接などの就活講座も実施しているのも魅力です。

・詳細⇒ProEngineer(エンジニアカレッジ)