就職活動の面接で受からない大卒ニートはどうすればいいのか

いくら就職活動を頑張っても、
大卒ニートの経験が面接の足を引っ張ってる…

といった方は少なくないと思います。

今回は、「面接に受からない」を「受かった!」にするポイントを、
大卒ニートという立場から就職した経験をもとに解説します。

「面接で受からない…!」場合は企業の不採用の理由を理解しよう。


「面接で全く受からない!いい結果が出ない!」
といった大卒ニートの方にまずアドバイスしたいのは、
企業が不採用にする採用者の特徴
といったものを知るという事です。

これは、僕が大卒ニートでも利用できる就職サイトの
キャリアアドバイザーの方に聞いた内容なのですが、
大きく以下の5つの項目に分けられるそうです。


それがこちら。


・明るさ:元気さや覇気が感じられない
・会話力:コミュニケーションが上手く取れない
・準備力:話の内容がよく分からない、中身が抽象的過ぎる
・質問力:質問がない(少ない)
・意志の強さ:採用する決め手が見つからなかった



逆に言えば、この5つの項目を改善していけば、
就職活動の面接で受からない!」という悩みは
かなりの部分で改善されるのではないかと思います。


では、これらの5項目をどのようにして攻略していくべきか。

具体的にご紹介していきます。

企業が面接で不採用を出す5つの理由とは?


まず、大卒ニートの方がこの5項目で一番攻略しやすいのは、
上から3番目の「準備力」なのではないかと思います。

この「準備力」を高めるために必要になってくるのが、
以下の記事でも解説している、自己分析企業研究です。


※参照:大卒ニートでも出来る!自己分析のやり方を3つ解説

※参照:大卒ニートでも大丈夫!企業研究のやり方をわかりやすく解説


この2つをきちんと行う事によって、
自己PR志望動機の精度も上がってくるはずです。

※参照:大卒ニートでも受かる!自己PRの書き方、作り方を解説

※参照:大卒ニート向けに志望動機の作り方を例文付きで解説!


そもそも、企業の面接官は忙しい時間の中で、
こちらの面接に付き合ってくれているもの。

そうした方々に対して、企業研究すらせずに面接に臨むのは、
人としてどうなのか…と思いますけどね。


例え自分が本当に入りたいと思ってないから、と思っていても、
実際に面接で採用担当者と話してみると、
今までは気付かなかった魅力が見えてくるものです。

こうした事もあるので、自己分析や企業研究を通して、
「準備力」を高める事は非常に重要になってくるのです。

これは何も、大卒ニートの就職活動だけに言える話ではなく、
新卒での就活や社会人の転職にも当てはまる話です。


また、この「準備力」を高める事によって、
面接官との会話がはずむ可能性もあります。

企業研究を通して、相手の事を知れば知るほど、
会話のネタが増えたり、質問したい事も自然と出てきますからね。


そうする事で、自然と「会話力」や「質問力」も上がっていきます。


ここまで出来たら、後は少し無理して、
「元気さ」と「意志の強さ」もアピールしましょう。

ここまでの対策を行う事で、
面接で受からない状態はかなり改善されるはずです。

面接練習によって「受からない」を「受かる」に変える


また、面接に受からないその他の原因として、
面接慣れしていない、練習不足といった面が挙げられます。

面接が本格的に始まる前には、
ある程度の面接練習はしておいた方がいいでしょう。


僕自身も、模擬面接を何度も繰り返して、
今の職場に入社しています。

こうした練習を何度もやっていると、会話力はかなり改善されますし、
ビジネスマナーについてもある程度は詳しくなれるので、
面接官の印象も良くなるといった効果が期待できます。


少し意地悪な質問にも、上手く答えられる力が身に付きます。


こうした面接練習を行うには、最寄りのハローワークの講座や、
母校の就職課、大卒ニートにも利用できる就職サイトを利用
して、
担当のキャリアアドバイザーと一緒にやるのが一般的です。


ちなみに僕は就職サイトを上手く活用して、内定を取れました。

以下では自分が実際に活用したサイトをご紹介しているので、
興味があれば是非、利用してみて下さいね。

「26歳」「大卒ニート」だった僕が活用した就職サイト3選!

今の勤め先を紹介してもらった「いい就職ドットコム」


僕が今の職場を紹介してもらった、15年以上の運営歴を誇るサイトです。
日本各地でイベントが開催されており、地方の方でも利用しやすいのも嬉しいところ。

・詳細→いい就職ドットコム

首都圏での就職にめちゃくちゃ強い「ハタラクティブ」


サービス開始から6万人の就職支援を手掛け、その8割が正社員になったサイト。
都内(東京、神奈川、千葉、埼玉)および名古屋、福岡に
お住まいの方は絶対使って欲しい!

・詳細→ハタラクティブ

プログラマーとして就職したいなら「ProEngineer」


IT業界やプログラマー、エンジニア就職に興味がある方におススメのサイト。
未経験でもプログラマーとしての就職率は96%以上と、実績はかなりのもの。
履歴書の添削や模擬面接などの就活講座も実施しているのも魅力です。

・詳細⇒ProEngineer(エンジニアカレッジ)