大卒ニートから脱出したいけどどうすればいいかわからない…


大学在学中に就職活動をせずにニートになってしまった。

このままじゃマズい事は分かっているけど、
一体どうすればいいかわからない…

といった事で悩んでいおられる方は決して少なくないと思います。

そこで、実際に3年間のニート生活を経験した後、
正社員として内定を獲得した経験を活かして、
大卒ニートの方が就職するためにどうすればいいのかを、
出来るだけわかりやすい形で解説してみました。

「大卒ニート」という状態がマズい事をしっかりと理解する


大卒ニートから脱出したいけど、どうすればいいかわからない…

このような方に僕がおすすめするのは
まずは「今のままじゃマズい」という現実を
しっかり理解する事から始めませんか?という事です。

今ののまま大卒ニートの生活を続けた場合、
これからの人生がどれだけ悪い方向へ進んでいくか…
という点を、最初にしっかり理解しておく事が大切です。


と言うのも、
こうした「最悪の未来」をしっかり認識しないまま、
中途半端な気持ちで就活をしても上手くいくケースはほぼ皆無ですし、
仮に内定を取れたとしても、こうした気持ちで働いている状態では
試用期間中に解雇される…という可能性も少なからずあるからです。


仮に試用期間中に首を切られてしまった場合、
その後の再就職は「絶望的」とすら言えるでしょう。

ですので、まずは心の中で気持ちを固めておくこと。


何がなんでも大卒ニート生活を脱出する!
自分の力で稼いだお金で両親から自立する!

こうした点を、心から思う事がまず必要です。

単発バイトなどを通して自分の力でお金を稼いでみる


とは言っても、いきなり正社員として就職するというのは、
大卒ニートの方には厳しい面があるのも事実です。

特に僕のように数年間引きこもり生活を送っている方の場合、
いきなり正社員を目指すのはハードルが高すぎます。


自分が企業の中で働いている姿」を想像できない状態で、
まともな企業に採用されるケースは、ほぼ無いと思った方がいいでしょう。


では、どうすればいいのか?


個人的にオススメなのは、とりあえず1日だけでも働いてみて
自分の力でお金を稼いでみるといった経験をする事です。

今ではその日だけ働く「単発バイト」という形態の働き方もあるので、
まずはこうしたハードルが低い仕事をこなしてみてはいかがでしょうか。


僕自身、こうした単発バイトを4回ほど続ける事によって、
引きこもり生活を抜け出し、夜型の生活習慣を朝型に戻して、
指定された時間に出勤して担当の仕事をきちんとこなした結果、
「自分が企業の中で働いてる姿」をイメージする事ができました。


なお、以下の記事では僕の単発バイトの経験を解説しているので、
興味があれば一度ご覧になってみて下さいね。

※参照:引きこもり大卒ニートの単発バイト体験談とその注意点

正社員として就職するために必要な情報を集める


こうした単発バイトなどを通して、
「自分が正社員として働いている姿」をイメージ出来た段階で、
はじめて正社員としての就職活動へ舵を切るのがオススメです。


ここで必要になるのが、正社員就職に必要な情報を集めるということ。


僕は大学在学中にも就職活動を行っていた経験があるのですが、
当時から「就職活動は情報戦!」という事をよく耳にしていました。

この「就職活動は情報戦」というフレーズは、
大卒ニートの就活でも共通するものがあります。


まずは、正社員になるために必要な情報を集める事が重要です。


業界や職種についての最低限の知識や、
大卒ニートでも採用される可能性がある企業の探し方、
あるいは応募書類の書き方や面接のテクニックも必要ですし、
自分のアピールポイントや企業選びの軸を探すための自己分析や、
ビジネスマナーもある程度は理解しておく事に越したことはありません。


これだけ書くと、
何だかめちゃくちゃ量が多い気がしますよね^^;


ですが!


実はこれら1つ1つは、覚える事はそこまで無いので安心して下さい。

実際のところは、就活を進めていく過程で自然と身に付いていくものです。


また、以下の3つの就職支援サービスのいずれかを使えば、
こうした就活に必要な情報を体系的に身に付ける事が可能になるので、
情報収集と同時並行で、どんどん利用していきましょう!

就職支援サービスを利用して応募可能な企業を紹介してもらう


それでは、これらの就職支援サービスとは
一体どのようなものなのでしょうか?


大卒ニートが正社員として就職する際に役立つサービスには、
大きく以下の3つが挙げられます。

・ハローワークなどの公共サービス
・通っていた大学の就職課
・民間の就職エージェント



ハローワークについては名前は聞いた事があるかもしれませんね。


僕自身、ハローワークを最初のうちは利用したのですが、
担当の職員の方の対応に誠意を感じなかった点や、
紹介企業にブラック企業が多いという事を知ったため、
就活を進めるうちに利用しなくなりました。

※参照:大卒ニートが就職して社会復帰する3つの方法とは?


その後、3つ目の民間の就職エージェントを活用して、
今の勤め先を紹介してもらい、無事内定を獲得した感じです。

「就職エージェント」と言うと、
何だかとてもレベルの高いイメージがありますが、
最近では大卒ニートでも活用できるサービスも増えています。


また、こうしたニートでも活用できるサービスの特徴として、
僕のような大学を卒業したものの職歴がない人でも
採用を受け付けている企業のみを紹介する仕組みになっている
ので、
比較的、採用される可能性も高いんですよね。

僕の場合はサービス利用開始後2ヶ月ほどで採用されましたし、
人によっては1ヶ月ちょっとで受かる事もあります。


そして2つ目の卒業大学の就職課ですが、
知り合いが大学にいたので、
どうしても使いづらかったというのが本音のところです(笑)

ただこうした卒業大学の就職課も、ハローワークも、
民間の就職エージェントでも共通しているのは、
上で解説した、正社員としての就職活動に必要な情報を
包み隠す提供してくれるという点があります。


自分一人で就職活動をする、情報を集めるのではなく、
まずはこうしたサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

少なくとも、
どうすればいいかわからない…」といった事で、
悩む心配は無くなると思いますよ(^^)

「26歳」「大卒ニート」だった僕が活用した就職サイト3選!

今の勤め先を紹介してもらった「いい就職ドットコム」


僕が今の職場を紹介してもらった、15年以上の運営歴を誇るサイトです。
日本各地でイベントが開催されており、地方の方でも利用しやすいのも嬉しいところ。

・詳細→いい就職ドットコム

首都圏での就職にめちゃくちゃ強い「ハタラクティブ」


サービス開始から6万人の就職支援を手掛け、その8割が正社員になったサイト。
都内(東京、神奈川、千葉、埼玉)および名古屋、福岡に
お住まいの方は絶対使って欲しい!

・詳細→ハタラクティブ

プログラマーとして就職したいなら「ProEngineer」


IT業界やプログラマー、エンジニア就職に興味がある方におススメのサイト。
未経験でもプログラマーとしての就職率は96%以上と、実績はかなりのもの。
履歴書の添削や模擬面接などの就活講座も実施しているのも魅力です。

・詳細⇒ProEngineer(エンジニアカレッジ)